ふくらはぎに異常が出たら下肢静脈瘤かも|治療で改善できる症状

ハート
このエントリーをはてなブックマークに追加

静脈にできるコブ

脚

種類

ふくらはぎにコブのようなものが出来たり、血管が普段よりも浮き出ていたら、それは「下肢静脈瘤」という病気かもしれません。生命を揺るがすような病気ではありませんが、放っておくと悪化する可能性がありますので、出来るだけ早めに治療した方が良いでしょう。下肢静脈瘤はその症状により、伏在型、側枝型、網目状、くもの巣状の4つに分類されています。最も多いのが伏在型で、全体の約90%を占めています。足にボコボコとコブがある人を見たことがあるかもしれませんが、それが伏在型です。伏在型の中でも最も多い、大伏在静脈瘤は足の内側に、比較的少ないケースである小伏在静脈瘤はふくらはぎに出来ます。側枝型は伏在型と併発するもので、細い血管において起こります。網目状、くもの巣状は稀に起こる症状で、慌てて治療するものでもありません。

伏在型は病院へ

伏在型の下肢静脈瘤であると分かったら、悪化する前に病院で治療することをお勧めします。というのも、下肢静脈瘤が悪化すると赤い湿疹が出始め、皮膚がかゆくなったり、さらには皮膚の硬化が進むうっ滞性皮膚炎や潰瘍を引き起こす可能性があるからです。どのように治療していけば良いのでしょうか。まずは日常生活において適度な運動をする必要があります。下肢静脈瘤はふくらはぎの筋力低下によって起こりますので、ふくらはぎを鍛える運動や、ウォーキング、ジョギングなどを生活に取り入れるよう工夫してみましょう。病院でできる治療としては、注射をして血液を固める硬化療法や、血管を縛ったり引き抜いたりする手術もあります。また高周波治療やレーザー治療なども効果的であると言われています。

範囲は広い

梅田は非常に人の往来が激しいエリアですので、ここで受診する内科を探す時に気を付けるべきことは、楽に行ける場所にあるクリニックはどこかです。さらに、予約ができるという特徴を打ち出している内科を利用すれば、待ち時間を気にせず受診することができます。

安心して治療が受けられる

人工透析治療は、楽なものではありません。治療には時間がかなりかかるために、仕事をしながらだと難しいでしょう。しかし、岡山の病院では夜間でも、治療が受けられるようになっているため、仕事が終わって透析をすることができるようになりました。

健康診断を受ける

通常行われている健康診断で、脳の検査まで行なうことができません。そのため、脳腫瘍があったとしても発見することができないのです。ただし、慢性的な頭痛や吐き気などを感じたときは、疑いがあるかもしれないので病院を受診するようにしましょう。